2019年08月05日

岐阜県ラベンダー鑑賞ツーリング

名古屋発日帰りツーリングブログtitle116
6月になってから雨が続いていますが、たまたま晴れたので、ずっと前から行きたかったせせらぎ街道へ行ってきました。

ルート
東海北陸道 → 郡上IC → 五平餅
→ ウッドフォーラム飛騨(ラベンダー鑑賞)
→ 元来た道を引き返して → 明宝ジェラート
→ 郡上ICから東海北陸道で帰宅

  1. 目次
  2. 開始5分で売り切れる五平餅屋さん
  3. ウッドフォーラム飛騨のラベンダー園
  4. せせらぎ街道の紫陽花
  5. 明宝ジェラート
google Adsense

開始5分で売り切れる五平餅屋さん

「せせらぎ街道の途中にある五平餅が食べたい」
という夫のため、せせらぎ街道に行くことにしました。

そこの五平餅屋さんは「木引小屋」というお店です。
えごまタレをつかった五平餅が美味しいのですが、1日30食限定ですぐに売り切れてしまうので9時にはお店に行かないといけません。
9時にせせらぎ街道の中央となると、朝何時に出ればいいのやら…。
名古屋から郡上まで2時間、せせらぎ街道で1時間かかります。

夜は10時に寝て、朝4時に起きて5時に出発。
蒸し暑くて寝苦しかったのでちょっと眠いですが…。

早朝に名古屋を出発したものの、国道22号線も東海北陸道もそこそこ交通量がありました。
いつもならもっと空いているはずなんだけど久々の好天気だから出かける人が多いのか。
でも流れが早いので7時ぐらいには郡上についてしまいました。

せせらぎ街道を走ると帰りのガソリンが足りないので郡上でガソリン補給。
向かい側の家の車のそばで子猫が遊んでいました。かわいい。

郡上からは下道で木引小屋まで行きます。
一本道なのでまず迷わないかと。ただ、遠い。道の駅パスカル清見よりも先。
朝なので全然車は無かったけど時々反対車線から降りてくるバイクはどこを走ってきたんだろう?そしてどこへ行くんだろう?

木引小屋に8時ごろ到着。お店は閉まっているけど五平餅の注文票が置いてあるのを発見しました。
1時間前なのにもう1人来ていて五平餅の注文が入っている。
我々でさえ1時間前に来たのに、これより前に来た人は相当気合入っていますね。地元の人かな?
と言うわけで、2番目に来た我々も注文票に数を記入しました。
これで確実に五平餅が食べられるので、一安心です。

ただ、今から1時間もここで待たなきゃいけないのか…。
周辺には何もないし、最寄りの道の駅まで30分かかります。遠い。
バイクを駐車場に停めて、ツーリングマップルで五平餅の次はどこに行こうか、1時間ずっと考えていることにしました。

8時30分ごろに1台車が来ました。その後50分ごろにもう1台。
今日は開店待ちが少ないです。
前日が雨だったし我々が出発するころにも小雨が降っていたから、みんな出かける時間が遅いのかもしれない。

9時になってお店が開きました。
おばあちゃん一人で切り盛りしているのですが、切り盛れないので我々もちょっと開店準備のお手伝いをしました。
ちょっとお話ししたのですが、3番目に来た人はここの五平餅のファンで通算30回も来ている常連だとか。
超常連さんの3番目の方はおばあちゃんのお手伝い(主に会計)をしていました。

会計を手伝っているので多分五平餅が全部売り切れるまでは
自身が注文した五平餅は食べられないだろうと思います……すごいです。
お客さんが進んで手伝ってくれるお店には人の温かみがあります。

岐阜県木引小屋の五平餅
五平餅は1本400円。茶碗1杯分よりも多いお米が使われているのでかなりボリュームがあります。
私のこぶしよりも大きい。
ここの五平餅は売り切れたら閉店してしまうのでいつも注文するえごま味と
普段食べられない味噌味も注文しました。

岐阜県木引小屋の五平餅
みそ味は合わせみそ。えごま味はえごまに含まれる油が炭火でカリっと焼けて美味しいです。
えごまタレの五平餅を売っているお店はここら辺だと木引小屋と福太郎だけで、貴重です。

すごい酸っぱい漬物がサービスでついてきます。
五平餅がごはんからできているから漬物で白米を食べている感覚です。
おばあちゃんが忙しいのでお茶も漬物もセルフです。自分で取ってきて自分で返却。

五平餅のお米がボリュームあるのでやっぱり1本でいいかな。と思いました。
2本頼んだカップルは食べきれず一本お持ち帰りしていました。
そうか、車なら持ち帰れるよね。これから暑くなるしバイクじゃ無理ですわ。

ウッドフォーラム飛騨のラベンダー園

木引小屋で五平餅をモーニングした後はせせらぎ街道を走りました。
この先は特に予定がなかったのですが、五平餅を食べた夫がなんかもう満足しちゃったので帰ることにしました。
ただ、せっかくなのでせせらぎ街道の終点、ウッドフォーラム飛騨までは走ろう、ということになりました。

ウッドフォーラム飛騨のラベンダー園
天気のいいせせらぎ街道を走ってウッドフォーラム飛騨へ。
このままでは写真をほとんど撮っていないので、
今が旬の「ラベンダー園」に行ってみることにしました。
入場は無料です。
ウッドフォーラム飛騨の道路挟んで向かいにあります。

まだ咲いていない株もあったけど、日当たりのいいところはほぼラベンダーが咲いていました。
全体的に見ると薄紫色と緑色の葉の部分が縞々になっていてとてもキレイです。

ウッドフォーラム飛騨のラベンダー園
ほとんどがつぼみでしたが、中には花が咲いている株もありました。
ちなみにポプリにするならつぼみの状態で刈り取ってしまいます。
実は、花が咲いてしまうと開花にラベンダーのエネルギーが使われてしまうので香りが薄くなってしまいます。
だから香りを楽しむならつぼみのうちに。風が吹いてラベンダーが揺れるだけでもいい香りがします。
花が咲くピークはもうちょっと先かな。
その頃には梅雨が明けていると良いけど。

ラベンダー園そんなに大きい花畑じゃないけど、歩き回らなくてすむので花で癒されるにはちょうど良かったです。
この後は、早朝に起きたせいか疲れが出始めてしまったので引き返すことにしました。
年々暑いのが苦手になっている気がします。

せせらぎ街道の紫陽花

せせらぎ街道初夏の紫陽花
せせらぎ街道を走っている途中にきれいに咲いている紫陽花を見かけて、写真を撮りたいなと思っていたので、
帰り道にバイクを停めて写真を撮りました。

花って春夏秋冬咲いているのがすごいです。
冬でも椿・サザンカなどは花をつけるし、じめじめした6月でも紫陽花が咲く。
花は癒されます。
私は植物を育てるのが苦手なので、きれいに咲いている花があると目に留まります。
紫陽花は咲いている場所によって花の色が違うのが面白いです。
日陰の方が生き生きと咲いている気がします。

せせらぎ街道の紫陽花
花が淡い色のものが心にぐっと来たので、この子を撮影しました。
一つの株にピンクや青、薄紫色などさまざまな種類の色が混ざっていて珍しいような気がします。
せせらぎ街道では青色のものはよく見る気がします。
紫陽花と言えば、板取。
郡上から行ける「板取街道」は別名「あじさいロード」と名前がついていて、
その名の通り、紫陽花が道沿いにずらーっと咲いています。

明宝ジェラート

道の駅明宝まで降りてきて、気温がだいぶ暑くなってきたので休憩することにしました。
明宝ジェラートが食べたくなったので、迷わず入店。
向かい側の道の駅にはバイクがいっぱい吸い込まれていくけれど、明宝ジェラートは我々だけ。
店内貸し切り状態だったので。どの味にするかゆっくり迷うことができました。
味は12種類ほどあり、その中から2種類チョイスするので、迷いませんか?
明宝ジェラート

明宝ジェラート本店
迷いに迷って、「マカダミアナッツ」と「チョコチップ」を注文しました。
カップが小さいなとは思うけど、ジェラートが濃厚なので食べるのに時間がかかって食べ応えはあります。
マカダミアナッツは、強烈なマカダミアナッツ味です。その味しかしない。
食べきるまでずっとナッツの味がしていたので、チョコチップの味がよくわからなかった(笑)
ふるさとミルクが美味しいのでおすすめです。

明宝ジェラートは道の駅明宝以外にもお店があるのを知りました。
郡上八幡店、東京スカイツリー東京ソラマチ店、赤池プライム店。
赤池プライムなら愛知県にあるし、名二環の植田ICが近いので行けそう。

明宝ジェラートで体を冷ましたら、郡上ICから高速道路で早めに帰宅しました。
久々の晴れの日だったのでたぶん一宮Jctが帰宅ラッシュで混みそうな予感です。
無事に家に帰ったのは15時頃。
とても暑かったので家に帰るなりシャワー浴びました。

次回せせらぎ街道行くときはその先まで行きたい。
梅雨が明けたらもっと走りたいなと思ったツーリングなのでした。

posted by 新目もり at 09:25 | ツーリング【岐阜県】