2018年11月26日

石川県千里浜一泊ツーリング

名古屋発日帰りツーリングBlogtitle91 今年まだ行けてなかった千里浜なぎさドライブウェイに1泊ツーリングしてきました。
夫のバイクだと日帰りで行けるのですが、私のVTR250も一緒に行くことにしたので距離的にキツイっす!
なので一泊することにしました。

ルート
名古屋 → 東海北陸道 → 白川郷IC → 国道156 → 国道304
→ 金沢ゴーゴーカレー(お昼)
→ 国道8(バイパス) → のと里山街道 → 今浜IC →なぎさドライブウェイ
→ ホテル(ホテルウェルネス能登路)
二日目
ホテル → のと里山街道 → 国道8 → 金沢駅(お土産)
→ すし食いねぇ(回転寿司)
→ 国道157 → 国道158 → 白鳥IC → 名古屋

目次

  1. ささら館の団子
  2. 金沢ゴーゴーカレー
  3. 千里浜(なぎさドライブウェイ)
  4. 今回の件から学んだ「砂浜に埋まったバイクを救出する方法」
  5. 宿へ(ホテルウェルネス能登路)
  6. 国道157(石川・福井県)の旅
  7. 羽二重餅で有名なはや川へ
google Adsense

ささら館の団子

10月の末に千里浜に行くことにしました。
毎年一回は行きたいと思っている千里浜だけど今年の夏は暑すぎてなかなか行けないまま10月になってしまいました。
秋に行くのは初めてだけど混んでいるかな?
今回は私もバイクに乗るので2台で行きました。
距離がちょっと遠いので一泊で。

当日は朝は雨っぽいけど午後から晴れる予報。
幸い出発時には雨に降られなかったけれどこれから雨が降るのでレインコートを着て出発。
上着は多少濡れてもいいけど、ズボンは替えが無いので濡れたら困るからです。

一宮ICから東海北陸道へ。岐阜県に入ると小雨が降っていました。
ひるがの高原SA辺りでは空が真っ暗になったものの霧雨で済みました。
ただ、真冬並みに寒かったのでサービスエリアでダウンを着てネックウォーマーを追加しました。

白川郷ICで下りました。
降りた時の気温は4℃。
寒すぎる。
そして雨が本格的に降ってきました。
紅葉のピークらしく、白川郷の周辺道路は混雑していました。
今回ETC乗り放題プランを使っていて、白川郷ICから先は有料なのでここからは下道で石川県を目指しました。
ICを降りて北に向かうとすぐに道の駅白川郷が見えてくるので少し休憩。
停まっているライダーの姿はガッツリ真冬装備。
我々は服装を舐めていました。反省。本当に温泉に浸かりたいぐらい寒かったです。

道の駅上平ささら館の団子 国道156を北上すると道の駅上平ささら館があります。
この道の駅に寄って売店入口で売っている団子を注文。
美味しいので団子の量はあるけど一人一個。
ここの団子は注文を受けるとたれをつけてさらにもう一回炭火の遠赤外線で焼いてくれます。
団子は絶妙なやわやわ加減で甘い味です。

道の駅上平ささら館の合掌造りの展示 売店の奥の方にひっそりと合掌造りの展示があります。
合掌造りの作り方やメンテなどの説明があります。解説のビデオもあるのに見ているのは我々だけ。
合掌造りを上の方から見下ろせるというのは貴重だと思うんです。
無料で入れます。
立ち寄った時はぜひ入ってみてください。

小雨の降る中富山県目指して国道156→国道304を北上しました。
気温は11℃ぐらい。紅葉がきれいだけどとても寒かった。
対向車も後ろにも車が全然いないので走りやすかったけれど夫がいなかったら心細かっただろうなぁ。

富山県国道304 峠道を下っていく途中に駐車場があったので休憩。
自宅から持ってきた暖かいお茶で一休み。
ここからの景色がとても良かったのも駐車場へ寄った理由の一つです。
山の向こうに街並みが見えます。あそこにたどり着くのはもうすぐだ。

金沢ゴーゴーカレー

そのまま国道304を進みました。
途中、道の駅福光で休憩。雨は止んでいたのでレインコートは脱ぎました。ちょっと寒いけど。
レインコートをバイクに引っかけて乾かしている間に道の駅で休憩。
道の駅で売っている物が多く、農産物はちょっと変わったものが多いです。
和菓子もばら売りで買えるのが良いです。福光は和菓子屋が多い。
焼きたてパンやお弁当が美味しそうでした。
別館では飲茶が食べられるカフェもあります。

今回のお昼ご飯は金沢ゴーゴーカレーにしました。
金沢カレーは石川県で食べられるB級グルメです。
金属の皿にどろっとした黒っぽいカレー、キャベツの千切りが乗っているのが特徴。
金沢カレーのお店の多くはカツなどの揚げ物をトッピングしています。
ゴーゴーカレーはチェーン店だけど名古屋には無いのでどうしても食べたかったのです。
同じ金沢カレーでもチャンピオンカレーは名古屋市の栄にあるのでわざわざ石川で行かなくてもいいかな〜と。

地図で検索して千里浜へ行く道からあまり逸れない場所にある「ゴーゴーカレー金沢東インター店」へ行きました。

金沢ゴーゴーカレー 国道8号沿いにあります。ただ中央分離帯があるのでUターンはできずちょっと入りにくいです。
お店はカウンター席のみ。食券を買って席へ。
ロースよりはヘルシーなチキンカツカレーを注文しました。
真っ黒いカレールーはココイチでいう甘口と普通の辛さの中間ぐらい。
キャベツとごはんとルーを混ぜて食べるとちょっと辛さが和らぎます。

ゴーゴーカレーを食べた後はのと里山街道へと向かいました。

千里浜(なぎさドライブウェイ)

のと里山街道に入ると左手に海が見えます。
というか、海と一緒に北上していくのでとても気持ちが良いです。
今浜ICで下りて左折するとなぎさドライブウェイの起点になります。
降りてすぐの道路はアスファルトなんですが、砂浜の砂が混じっているので
スピードの出しすぎや急ブレーキでスピンしないように注意。
なぎさドライブウェイに入る手前の左側が集合場所になっている模様。

千里浜 なぎさドライブウェイ いままでタンデムで何度も来たなぎさドライブウェイですが、自分のバイクで走るのは初めて。
いきなり砂浜での右カーブ。
砂にタイヤを取られないように深い轍になっている場所は避けて慎重に曲がりました。
キャンプ場の砂利道よりはマシだなぁと思いつつ無事通過しました。

カーブを曲がり切ったら直線砂浜道路になります。
海水がしみこんでいるのでタイヤが滑りにくく思ったよりも安定して走れます。

写真を撮りたくなったのでまず山側の砂浜でバイクのスタンドが立てられそうな場所を探しました。
運よくスタンドがめりこまない場所が見つかったのでバイクを降りてサイドスタンドのストッパーになりそうなものを探しました。
よく乾燥した竹がちらほら落ちていたのでそれを拾ってまたバイクに乗り、
今度は海側へと向かいました。
先ほどの竹をサイドスタンドの下敷きにしてバイクを慎重に止めると海側にもバイクが停められます。
サイドスタンドがめり込まないことを確認して自分もバイクから降りました。

と、ここで夫はどこへ行ったのかと周囲を見渡していると海側にバイクを停めていました。
「サイドスタンドはどうしたのか?」と聞いたら「なにもなくても停められたよ」と。
不思議に思いつつも写真撮影を始めました。
なぎさドライブウェイは海岸が広いのとぽつぽつとある雲のおかげで奥行きのある写真が撮れます。

と、「ああ〜」という夫の声が聞こえました。
振り返ると倒れている夫のバイクが。
さすがに1300tもあるバイクは一人で引き起こしは大変です。
両サイドにパニアケースも付いているし。
引き起こしを手伝わなきゃ→とりあえずカメラが邪魔だからしまおう
→しまい終わって夫のバイクを見るとバイクは元通りになっていました。

???
どうやら自力で引き起こしたようです。
後ろを向いてカメラをしまっている間に倒れたバイクが元通りになっていたので私としては狐に包まれた感覚でした。

しばらくして夫は海とは反対側の山側でバイクを停めて写真を撮っていました。
私も写真を撮っていたら今度はバイクのすさまじいエンジン音が聞こえて…
音の主は夫でした。またかよ〜!
今度は倒れていないものの、砂浜に後輪が完全に埋まっていました。
アクセルを回しても後輪が空回りして砂が勢いよく飛び散っていくだけ。

さすがにまずいと思い、手伝うことに。
まず後輪が空回りしているので後輪の周りの砂を取り除いて平たくしました。
次に後輪のすぐ後ろにある砂を手や足で踏んで固めました。
そのままアクセルを使わず足でバックするように夫に指示。
バックは夫が後退してもバイクが重すぎて後ろに行かないので私がバイクを思い切り後ろに引っ張って
勢いで後退しました。掛け声を合わせて反動がないと後ろに引っ張れませんでした。
夫のバイク本当に重たい。
これで砂の沼を抜け出すことができました。
バイクにまたがったまま砂地でのバック(後退)は結構怖いです。

で、苦労して砂の沼を抜けだしたのにアクセルを回して前進しようとする夫。
後輪タイヤが砂浜を掘り始めてまた元通り。
そのまま後退しないとダメだったのに…。

幸いサイドスタンドが立てられたので夫がバイクから降りて一言
「こうなったらバイクの向きを変えるしかない」と。
まず両サイドにあるサイドケースを外しました。
これだけで片方5sほどあるので少しでも軽くするため。
そのうえ中身は旅行の荷物が詰まっているのでとても重いのです。

それから二人でゆっくりとバイクを砂浜に倒しました。
自分からわざとバイクを倒すなんてなかなかない機会です。
(バイクのエンジン部分に砂が付着するのが気になりました。特にチェーンに。)
それから夫が自力でバイクを90°回転させました。
二人がかりでバイクを引き起こしたらなんとか立ちました。
私が持ってきた拾い物スタンドストッパー(乾燥した竹)をサイドスタンドに敷いて何とか解決。

千里浜でバイクが埋まった跡 そのままアクセルを回して砂沼を脱出できました。
ああ疲れた。

今回の件から学んだ「砂浜に埋まったバイクを救出する方法」

1.後退で砂沼を抜けだすのはおそらく2人以上じゃないとできないと思います。
反動が無いと重たいバイクが動かないのです。
エンジンの力(アクセルを回す)で前進or後退しようとすると砂浜にめり込むと思いますので人力で動かしてください。

2.バイクを一度倒して向きを変える方法は引き起こしが自力でできる人向け。体力勝負。
サイドスタンドが立つ向きで、右側を砂地に向けて倒します。
今回はバイクを90°回転させてから手前に引き起こします。 バイクの中心(シートの辺り)を軸にハンドルと後輪を回す感じで回転させます。
最大のデメリットとしてバイクが砂だらけになって汚れます。
特にチェーンに砂が着くので痛みます。泣きそう。ほかの部分も痛みます。

人力で何とかする方法なのでバイクはできるだけ軽くするといいです。
荷物を出したりサイドケースを外したり。

宿へ

千里浜でバイクの引き起こしをしてへとへとになった我々は宿へと向かいました。
今回の宿泊は「ホテルウェルネス能登路」千里浜から車で10分のところにあります。
バイク用の屋根付き駐車場があると楽天トラベルでは書いてあったけれどBMWのバイクで埋まっていました。
車用駐車場は広くて空きが十分にあったのでそこに停めました。

チェックインをしてフロントに「バイクを千里浜で倒しちゃったので洗っても良いですか?」と尋ねたら「いいですよ」とのお返事をいただきました。
建物の入口横に洗車スペースがあったのでバイクを軽く洗って砂を落としておきました。

夕日が落ちるちょっと前まで宿で仮眠してから再び千里浜に出発しました。
千里浜は昼間来た時よりも海沿いに停まっている車は少なくなっていました。
ただ交通量は昼間よりも多い気がしました。千里浜を通過して帰る車両が多いのかな。
夕暮れの千里浜に来るのは初めてです。
拾い物ののスタンドストッパー(乾燥した竹)を持ち帰ってきたのでそれを使ってバイクを停めました。

千里浜 なぎさドライブウェイの夕暮れ 夕日が海に沈むところを写真に撮りたかったのですが海と空の境目は雲で覆われていました。
雲の隙間からピンク色の夕日がちょっと見えただけ。
しかし手持ちの望遠レンズでも距離が全然足りなかったので写真には撮れませんでした。残念。
千里浜の夜も撮影してみたかったけれど今日は雲が多いので星が見えない。また今度。

波打ち際から気持ち遠目の場所にバイクを停めたつもりだったけれど
潮が満ちてきてバイクのそばまで来ていました。
もっと波打ち際に停めていたら危なかったかも。

ホテルウェルネス能登路 夕食 宿に戻って夕食。
海の幸を中心としたメニューでした。

ホテルウェルネス能登路 きき酒セット 私は飲めないので夫が頼んだきき酒3点セット。

温泉は22時まで入り放題の天然温泉です。
朝は6時〜9時まで。

国道157(石川・福井県)の旅

翌朝、朝ご飯の前に千里浜へにバイクで向かいました。
夜もそんなに冷えなかったと思うけどバイクが朝露でがっつり濡れていました。
拾い物スタンドストッパー(竹)をバイクに乗せて出発。

千里浜は西向きなので海から朝日が昇ってくるところは見えないけれど空気が気持ちいいです。
空いているかと思いきや、海釣りをしている人がたくさんいました。
千里浜だと車が横付けできるので荷物の移動などが楽そうです。

千里浜 なぎさドライブウェイの朝 昨日の満潮とは逆に朝は潮が引いていました。
朝露に濡れていたけれど拾い物スタンドストッパー(竹)はちゃんと機能してくれました。
無事バイクを海側に停めて撮影。
朝日が昇る前の青い海が綺麗でした。
朝8時ごろになるとようやく日が差してきたので宿に戻ることにしました。

ホテルウェルネス能登路 朝食 宿に戻って朝食。
ご飯がとても美味しかったので味噌汁と共にお替りしてしまいました。
ご飯のお供(海苔、漬物、納豆、玉子)が充実していたのが良かったです。

のんびり支度して9時頃にチェックアウトしました。
まず金沢駅に寄ってお土産を見に行きました。
バイク用の無料駐車場が1か所あるのでそこに停めて。

金沢といったら個人的に「とり野菜みそ」が一押しなのですが名古屋でも売っているので却下。
その代わりにスイーツを買いました。
金沢の和菓子も洋菓子も見た目がかわいいのがたくさんあります。
金沢駅構内にある百番街にはお土産屋が集中しているのでおすすめです。

すし食いねぇ 金沢駅を離れて国道8へ。
12時近くになったので早めのお昼ご飯を食べることにしました。
たまたま見つけた「すし食いねぇ」で回転寿司を食べることに。
いつも開店前から行列ができている回転寿司の系列店ですが
11時半ごろに入ったのでほんの少し待つだけで入れました。
ネタによって値段が違うものの北陸の回転すしはやっぱり美味しい。

この後は高速道路に乗らずにひたすら国道157で福井県まで抜けていきました。

羽二重餅で有名なはや川へ

地図で見ると下道では国道157が一番早そうです。
と、途中から信号もない一本道なのに渋滞しだしました。
何だろう?と思いつつも1時間ほど進んでいくと車の半数が白山スーパー林道へと向かっていきました。
今は紅葉のシーズンなので混んでいたのです。
バイクは入れないのでそのまま国道157を進んでいきました。
白山スーパー林道、改名して白山ホワイトロードの二輪通行禁止は解除にならないかな〜と願うばかりです。

残りの半数の車はこの先九頭竜までは一本道なのでどうやら行く方向が同じ様です。
車も多いけどトラックも国道157を通り道にしているっぽい。
深くて高い山の中を走っているので日陰は結構寒かったです。

ようやく勝山市まで来て、久々のコンビニがあったので休憩しました。
休憩しているとバイクが2台来て近くのお店に何か買いに行って戻ってきました。
夫の用事が終わるまで待っているとバイク乗りの方に
「向かいの和菓子屋さんのくるみ羽二重餅が美味しいですよ」
と教えていただきました。
そのあとバイクの方達は我々来た方向へと走っていきました。

夫が戻ってきたので教えてもらったお店へ向かいました。
小さな和菓子屋さんで「はや川」というお店。
名物のくるみ羽二重餅を買いました。
夫は会社のお土産用に12個入りも買いました。
すると、お会計時に「羽二重餅のみみです。」と言われ羽二重餅の切れ端をいただきました。
たくさん買うとサービスで貰えるようです。
とりあえずくるみ羽二重餅は家で食べることにしました。

その後は九頭竜湖を抜けて白鳥ICから名古屋へ。
家に帰ってくるみ羽二重餅をいただきました。

はや川 くるみ羽二重餅 くるみを混ぜた羽二重餅の両面を玉子で焼いて2層にしています。
玉子と羽二重餅の組み合わせが意外だけど美味しかった。
羽二重餅のみみは餅同士くっついているので箸でつまんで食べることにしました。
くるみが入っていてこれもおいしいです。
ついついいっぱい食べそうになってしまいました。
(お餅だからカロリーが気になるのです)

はや川 くるみ羽二重餅のみみ 今回のツーリングでは総走行距離数490qほど走りましたがまだまだいける手ごたえでした。
長距離ツーリングは大型バイクのイメージでしたが
VTR250一泊千里浜は可能だということが実証できて良かったです。
250tでも名古屋から能登半島へ行けます!

posted by 新目もり at 18:46 | ツーリング【その他の県】