2017年11月06日

長野県聖高原ツーリング

名古屋発日帰りツーリングBlog表紙56-聖高原

夏も終わりかけているのでこの先行けなくなりそうなところへ長距離ツーリングしてきました。
ツーリング先はまだ行ったことが無い聖高原周辺です。

ルート

中央道 → 長野自動車道 → 麻績IC → 県道12 → 道祖神
 → 県道501 → 聖湖 → 聖湖レイクサイドレストラン(お昼ご飯)
 → 国道403 → 県道55 → 差切峡
 → 国道147 → シャインマスカット大福
 → 県道306 → 国道19 → 安曇野IC → 帰宅

旅の記録・目次

9月に入り名古屋でも夜は涼しくなりました。(夜はね…)
そろそろ長野の北の方や新潟、富山などは日帰りで行くには寒さで厳しくなりそうです。
ということで、今回は行ったことが無い聖高原周辺を回ってみました。
今回は遠距離なのでタンデムです。

google Adsense

1.聖高原の道祖神

朝5時に起きて6時に出発。
早く名古屋を抜けないと渋滞に巻き込まれてしまいます。
今回は中央道を使うので朝の国道302、国道19を使って春日井インターへ。
国道を通っても早朝だったので空いていました。
途中にガソリンスタンドもあるので給油もばっちりです。

中央道を進んでいくと岐阜に入ったあたりからだんだん空気が冷たくなってきました。
今回の装備は暑くなると見込んでメッシュジャケットを着てきたけれど失敗だったかな?
とりあえず身体を温めるため全身の筋肉に力を入れたり緩めたりしました。
わざと自分自身でテンションを上げてアドレナリンを放出して寒さを忘れる。
など努力してみました。

しかし、座光寺PAで寒すぎてダウンを着ました。
夫がツーリングマップルを見ながら
「まだ上に4ページ分進むのか…。」
と今から行く場所の遠さを実感していたのでした。

中央道をずっと進み、岡谷ジャンクションで長野自動車道へ。
天気は晴れていてすごく良い。

梓川SAで二度目の休憩。
ここのSAでは安曇野牛乳やヨーグルトなど安曇野の製品が買えます。

車から降りてくる奴らは半袖なのでさぞかし車内は暖かいのだろう。
身体むき出しのバイクは熱さも寒さも良くも悪くも感じ取れるのです。
他のバイク乗りはみんなコットンジャケットを着ていました。
次長野に来るときはもうメッシュはおしまいかな。

麻績(おみ)インターで降りて聖高原を目指します。
天気は快晴。
大分暖かくなってきたのでダウンは脱ぎました。
ツーリングマップルで快走路の県道12を走っていきます。

聖高原.jpg

民家を抜けるとところどころ遠くの山々が見えます。
9月始めなのにもう稲刈り済みの田んぼが見られます。
タンデムの後ろだと景色をずーっと見ていられるのが良い。
これが運転だと前向かないといけないのでチラ見しかできない。
ほぼ2車線の快走路。
バイクも1台すれ違いました。
ところどころ分岐がありますので注意です。

道祖神

途中に見晴らしの良い所に駐車場があったのでバイクを停めて休憩。
ふと横を見ると石碑が4つ建てられていました。
4つ目はなんだか立体的です。
気になって見に行くと、そこにはしめ飾りをつけられた3つの石碑と縄で作られた顔?が立っていました。
反対側に行くと「道祖神」と書かれた石碑があり、ここは道祖神が祭られている場所だとわかりました。

藁で作られた顔は立体的で鼻の穴まで細かくできており
一体どれだけの藁が使われたのだろうか?と思いました。
髭の部分は三つ編み。
唇と口の中まで藁でできています。

この道祖神について解説があり、
正月の七日にしめ縄で道祖神の顔を石碑に飾り付ける。
集落に悪霊が入り込まないようにと心を込めて造り、無病息災と豊作を祈るそうです。
藁製の道祖神は長野では珍しいそうです。
(詳しい解説は現地に行ってみてみてください!)

私は道祖神を生で見たのは初めてですが、
グーグルマップでこの周辺で道祖神と検索するといくつか出てきます。
他の道祖神も気になりますが、機会があればまた。

道祖神に旅の安全をお祈りして先へ進みました。

2.聖湖を見ながらお昼ご飯

県道12から聖湖方面へ向かう県道501に進みました。
あまり見晴らしが良くなく、林の中を走っていました。
車線は1車線だったり2車線だったり。

途中、ぱっと景色が開けてそこには湖が。
ようやく広い所に出たらおなかがすきました。
13時に近いので、どこかお昼ご飯を…と思っていたら
村営レストラン「聖湖レイクサイド館」が隣にあるではありませんか。
本日のお昼はここに決まりました。

レストラン横の駐車場にバイクを停めて看板のメニューを見るといろいろありました。
地元の豚を使ったとんかつ、カレーライス、ビーフライス、パスタ、ピザ、蕎麦、うどん、デザートなど。
建物中へ入るとそこそこお客さんが入っています。
みんな窓際の席に座っていました。

我々も聖湖を見れる窓際の席に座って何を注文するか考える。
ロースカツカレーと迷ったけれど今食べたいのはひれかつ。
私は豚ヒレカツ定食を、夫はダムビーフライスを注文しました。

窓際の席から聖湖を見ながらごはんが運ばれてくるのを待ちます。
待っている間にこれから先のルートを考えておきました。
シャインマスカット大福が食べたいので大町駅方面へ行くことに。
ルートは聖湖を抜けて国道403で戻り、今度は県道55を進んで大町駅へ。
駅の商店街沿いにお店があります。

聖湖レイクサイド館 ヒレカツ

しばらくして料理が運ばれてきました。
私の頼んだ豚ヒレカツ定食はかつが分厚い。柔らかい。美味しい。
マスタードがたっぷり用意されていました。
かつにマスタードってアリなんだなぁ。
右上のは小鉢で、真ん中の小鉢には漬物がいろいろありました。

聖湖レイクサイド館 ダムカレー

こちらは夫の注文したダムビーフライス。
両端にご飯、間にビーフシチュー。
ビーフシチューが良く煮込まれていてお肉がとろとろでした。

聖湖

食事の後は聖湖を眺めに行きました。
釣り人が多いです。バスが釣れるらしいです。
涼しい風が吹き抜けて気持ち良い。
ベンチがあったので少し休憩してから出発しました。

3.奇岩が織りなす差切峡

聖湖から先の道は林の中を抜けていくワインディングでした。
ところどころに別荘の一部(屋根とか)が見えます。
というか、国道に出るまで道沿いに別荘が点在していました。

国道に出たら南下して県道12も通り越して県道55へと入って行きました。
県道55に入ると断層がむき出しになった崖がちらほら見えました。
夫は運転しているので気づかなかったようですが、
後ろに乗っていると景色しか見るものが無いので右左見てしまいます。

長野県 県道12

しばらくしてトンネルを抜けたところで縞々模様の岩が見えました。
バイクを道路脇に停めてよくよく見ると下には川が流れています。

差切峡

もと来た道を歩いて引き返すと、そこには看板に「差切峡」と書かれていました。
その看板の奥には歩いて行ける道がありましたので、行ってみると、
不思議な形の岩が川の両側にありました。

特に丸い穴が開いている岩が気になりました。

差切峡

遊歩道があるらしいのですが、川を渡る橋が通行止めになっていました。
よくよく見たら歩いてきた道の壁…もとい岩の模様も縞々です。
橙色と青色の地層ができており
アスファルトにあるような細かい石が混ざっているのですが、
触ってもぽろぽろ落ちてこないので
しっかり固まっているようです。

この岩が何でできているのかなどは調べてもよくわかりませんでした。
ここは柵が一切ないので落ちないように注意してください。

差切峡を過ぎて国道19を横切るときに無料キャンプ場を見つけました。
川向こうにCAMP FREE と書いてあったので寄ってみることに。

山清路のキャンプ場

小さな集落を抜けると、小さなキャンプ場にたどり着きました。
黄色の板に赤い文字で書いた看板がところどころにあるので迷わず行けました。
ただ、グーグルマップには生坂村の資料館となっていました。
キャンプの文字がありません。

キャンプ場は生坂村小学校の跡地を改装したようです。山清路のキャンプ場です。
芝生のサイトで手作り感満載の木の椅子とテーブルが各サイトにあります。
小さいキャンプ場なのでこじんまりとキャンプする人向けです。ファミリーは無理ぽい。
旅人、バイク、自転車の方向きと看板にもありました。
この日は誰もいなくて、ゆっくりとみることができました。

トイレはきれいで、水もあります。こじんまりと泊まるならよさそうです。
地元の方が整備されているのできれいに使ってください、と注意書きが。
またヘリポートにはテントを張らないでとありました。
医療や災害時に使うのかもしれません。

小さなキャンプ場を後に、県道55を進むと終点が大町の駅前に出ます。
大町はアルプス登山の客でにぎわっていました。
商店街はシャッターが下りているお店もあり、ちょっと寂れている感じ。

商店街は県道474沿いにあり、和菓子屋「喜久龍」に向かいました。
車もバイクも停める所がないので路駐してサッと買いにいきました。
シャインマスカット大福は1個200円。名物のようです。
他にも生どら焼きが売っていて、餡にマンゴーやブルーベリーなどの変わり種がありちょっと気になりました。

喜久龍 シャインマスカット大福

和菓子屋の近くにイスとテーブルがありましたので、そこで大福を食べる。
一口サイズですが、わざと半分だけ食べてみるとシャインマスカットのみずみずしい粒と
白あんがマッチしていておいしい。
ちょっと飲み物がほしくはなりますが。

喜久龍 シャインマスカット大福

シャインマスカット大福を食べたらそろそろ帰る時間です。
今日は諏訪湖の花火大会があるので早めに諏訪を抜けたいのです。
安曇野ICから高速道路に乗ることにしました。

ツーリングマップルで快走路になっている県道306を走ってみました。
が、追い越し禁止なので思ったように進みません。
時速40キロで走る車を先頭にぞろぞろ進んでいきました。
これだったら(同じ方向で)もう一つの快走路、県道306でもよかったかも…。
昼間は晴れていたのに、この時になってだんだん曇ってきました。

安曇野ICにようやくついて、ここからは高速道路一本で帰ります。
天気が不安でしたが雨に降られることもなく。
諏訪湖の花火大会が始まる前に中央道に戻ってきたので一安心です。

以前、ビーナスラインに行った帰りに花火大会の渋滞に捕まったことがありまして。
花火大会の日は上下とも諏訪湖のSAが激込みなので寄らないほうが良いです。
駐車場じゃない所に路駐(場所取り)している車も多く、危ないです。

早めに帰ってきたので17時には名古屋に戻ってきました。
今回のツーリングも県道12の見晴らし、道祖神、差切峡、レストランの食事などいろいろ経験できて満足です。
私がわさびダメなので今回はスルーしましたが、
今回のツーリングルートで「大王わさび農場」も寄れます。

posted by 新目もり at 17:47 | ツーリング【長野県】