2013年01月05日

知多半島ツーリング【知多半島・めんたいパーク・まるは食堂・つくだに街道】

目次

1.かねふくのめんたいパーク

迫る年の瀬に年内最後のツーリングに連れて行ってもらいました。
毎年冬になると雪や寒さで岐阜方面へ走れないので、行けそうなのは南、南東、南西方面です。

行き先は久しぶりになる知多方面に決まりました。
名古屋市内は下道を使うときもあれば高速道路(知多方面は名二環)を使うときもあります。
時間と疲労と空腹度(←これ重要)と相談して決めました。
今回は寝坊して出発が遅かったので名二環で大高までショートカット。
そのあと産業道路の国道155バイパスを通り、常滑市へ。

中部国際空港方面に立ち寄り、最近できたという噂のスポット、めんたいパークへ。
かねふく明太子の工場直売所です。テレビでバンバン紹介されているので入り口はるか手前から大渋滞でした。
はるかかなたに見えるめんたいこ
バイクは専用の駐車場があります。
空いていたけど、自転車も置いてあったりする。
車の駐車場は大渋滞でした。とりあえずガードマンが誘導してくれるので場所は確保できるかと。

ご家庭用辛子明太子を買いました。
保冷バッグ200円、保冷剤30円も合わせて購入。
冷凍保存の明太子です。まだまだ旅は続くので保冷バッグと保冷剤も買いました。
5〜6時間持つそうです。実際家に帰ってもまだ保冷剤が凍ったままだったので、ばっちり保冷できていたと思います。
次行くときは荷物リストに保冷バッグを入れておかなきゃ。

明太子の試食コーナーがあったのでぜひ食べたかったのですが、長蛇の列ができていましたので諦めました。

無料休憩所と無料のお茶が置いてありましたがこちらも大混雑だったので以下同文…。
もう少し落ち着いたらまた来たいです。

2.まるは食堂へ

めんたいパークを後にしてお昼ご飯を食べにまるは食堂へ。
知多半島で昼食、と言ったらいつもここになります。
私は小学生のころに家族旅行でココに食べに来た事があり、思い出の詰まっている旅館です。
入口は立派になったけど、2階の座敷は昔のまま。懐かしい。
知多半島には魚太郎とかうみかじ食堂とか食べるところはいっぱいあるのになぜか私たちはまるは食堂以外行く気にならない。何でだろう。

忘年会のシーズンも重なり、遅めの時間に来たはずなのにすごい盛況ぶり。
いつも安定の45分待ちです。
2階のレジのお爺さんが見ていて元気づけられるのでいつも2階で食べます。

そしてやっと席に案内されてメニューを見る。
時期的にカレイがあるかなと思ったんですが、季節のメニューになかったのでいつものパターンで注文。
コースを頼むといつも食べきれないので海老フライ2本とご飯味噌汁。以上。
これだけでおなかいっぱいになってしまいます。
海老フライはタルタルソースではなく、ソースで食べるのが好み。
何の出汁かよくわからないけど、しっかり味のきいたみそ汁もおいしかったです。

3.つくだに街道

まるは食堂を後にして最後につくだに街道へ。
え?それどこにあるのよ?
って言われそうなくらい知名度が低いです。
あまりお客さんも来ていません。
最近は観光バスがたまに来るようになりました。もっともっとはやればいいのにな―。

あまり流行っていないけどここはつくだにがおいしいのです。
名物は甘辛たれでしっかり煮込んだとろさんまです。
真空パックのやつと出来立てのやつの2種類あります。
バイクで持って帰るので出来立ての方をサランラップを二重に巻いてもらいました。

そのほかにもつくだにの試食がいっぱいあります。試食したうえでいくつか買いました。
家で酒のつまみにします。
オススメはかつおの角煮、子持ちシシャモ、オイルサーディン、あとたまごゴーフレット。
この時期は甘酒がもらえます。何か買わないとだめですが…。
そして時期的なものと思われる、サトイモを発見。
安いね。そしてでかいね。
これだけ入って500円!

つくだ煮街道から南知多半島道路へ。すぐ近くにインターがあるので乗ります。
帰りは疲れたので高速道路で帰りました。

後日談

カネフクのめんたいパークで買った明太子…ではなく辛子明太子を使ってクリームパスタを作りました。
これがめちゃくちゃうまい!!
隠し味に昆布茶の粉末を入れるとさらに美味い!
ぜひお試しあれ〜

posted by 新目もり at 19:22 | ツーリング【愛知県】